Skip to main content

日本料理 「ひのきざか」

日本料理 「ひのきざか」

Home Content Section
歴史と伝統に培われた日本料理の真髄を堪能する

日本料理「ひのきざか」では、四季折々の素材の持ち味を大切にし、歴史と伝統に培われた日本料理の真髄をご堪能いただけます。素材は特定の産地にこだわらず、その時期に最高の物を全国各地より仕入れ、年間を通じて季節に合わせた最上の日本料理をご提供しています。

インテリアは、西洋と和の融合をテーマとし、日本(東洋)における半紙と墨、光と影の空間の中の現代和風を、日本・東洋の素材を使って表現しています。会席、寿司、天麩羅、鉄板焼の4つのエリアと、寿司、天麩羅、鉄板焼の3つのカウンター、6席のシェフズテーブルがあり、内装は全体を日本の伝統家具をモチーフとしながら、細部において金属素材の格子・スクリーンを用いるなど、モダンな要素を併せ持ったデザイン要素が多く取り入れられ、随所において日本の伝統とモダンの融合を感じさせる空間となっております。

席数:会席 16席/寿司 8席/天麩羅 6席/鉄板焼 10席
ドレスコード:スマートカジュアル
  • 営業時間
  • ランチ :11:30~16:00 (L.O. 15:00)
  • ディナー :17:00~20:00 (L.O. 19:00)
  • ※天麩羅エリアは毎週水曜および木曜を臨時休業とさせていただきます。

    ※緊急事態宣言を受け、期間中はアルコール類の提供を控えさせていただきます。

テイクアウト&デリバリー ひのきざかのテイクアウト、デリバリーサービスでは、人気の松花堂弁当や焼肉重などのメニューがご自宅でお楽しみいただけます。ホテルのシェフが作り上げる至極な味を是非ご堪能ください。
home-first-snippet-dining-img
プライベートダイニング ひのきざかでは、由緒ある岐阜の古民家を移築した「黒松庵」や、セミプライベートルームを含む4部屋の個室をご用意しております。お祝いや特別なお席など様々な用途に適したスペースとなっており、落ち着いた雰囲気の中、最高の眺望と共にゆっくりとお食事をお楽しみいただけます。
Home First Snippet
ひのきざか 総料理長
石田 久雄 神奈川県小田原市出身。実家が料理屋を営んでいたことから幼少より和食調理に触れ、料理人としての将来を思い描いていた。本格的な修行を始めたのは1990年、上野の老舗料亭 韻松亭に勤めだしてからである。その後は都内の有名料理店や高級ホテルで経験を積み、2017年より日本料理 ひのきざかの会席を担当した後、2018年からはひのきざか全体を監修、現在はひのきざか 総料理長を務める。

石田は温故知新をモットーに、正統派の日本料理を提供する。国際的に流通が発達し、一年を通して揃う食材が増えるなか、彼はあくまでも国産の素材にこだわり、食材の走り・旬・名残りにあわせたメニューを提供している。食を通じて日本の四季を五感で感じるという、日本料理ならではの経験をゲストに味わっていただくために、日々、食材の探究と調理に情熱を傾けている。
Home First Snippet
Back to top